The Art from Hokkaido by SHIRAKAWA Hiromichi

Japanese artist's gallery and diary

ART & ARTIST

【Toy Cars #21】〝イメージ〟は〝時代の波〟を超えて

現在のトヨタの〝看板車〟に 成り上がったと言ってもいい? 人気の〝 アルファード 〟だが 巨大な〝フロントグリル〟の他に いつも気になる〝ポイント〟が もう一つだけある。 TOYOTA ALPHARD / TOMICA それは・・・・・ TOYOTA ALPHARD / TOMICA サイドか…

【Toy Cars #20】チョットだけ〝 文化論 〟

TOYOTA ALPHARD / TOMICA 私は正直、 この派手な佇まいを見ていると あまり所有したいとも 乗ってみたいとも思わない。 でも 今これが売れに売れていると聞く…。 多くの日本のユーザーに支持されているのは確からしい。 この〝ゴツゴツギラギラ感〟は 〝デ…

〝モノ作り〟の頂点をめざして

★ 世 界 の 巨 人 今年のモータースポーツの世界で TOYOTAの活躍は強烈なほど凄まじいものがあった。 ほんの一部だが主なものを取り上げると ル・マン24時間レースで今年も優勝し 4連覇を成し遂げ WRC世界ラリー選手権では ドライバーチャンピオン、コ・ド…

写真展と札幌市の粋な計らい

先日、23日こんなニュースがあった。 来年度、令和4年度の日本経済の成長率について 政府は物価の変動率を除いた実質で プラス2.2%程度としていたこれまでの見通しを プラス3.2%程度に引き上げた…。 経済対策の効果で来年度のGDP(国内総生産)はこれ…

白川裕理 写真展『三角の山』『貌花 KAOBANA』  12月19日(日) 無事終了

12月19日 日曜 、会期が終了した。 はじまったと思った〝祭り〟は アッという間に終わってしまった。 そして今、 ある種の緊張感から一気に脱力感のようなものへ…。 いつものごとく。 作品総数 114点 『三角の山』… A3~A3ノビサイズ 93点 『貌花 KAOBANA』……

白川裕理 写真展『三角の山』『貌花 KAOBANA』12月15日 本日開幕!

つい一ヶ月くらい前までは 「どうせコロナの第六波が直撃した中、開催するんだろうなぁ…」 客が全く来ないガラッガラの会場を想像したりして 「そんな時に本当にやる意味があるのか…?」 などと不安と半分諦めにも似たギリギリのなんか嫌な気分だったのだが…

【三角の山 #1】白川裕理 写真展

いうならばこれは単なる〝近所〟のハナシである。 三角の〝カタチ〟をした たった300メートル足らずのちっぽけな山があるこの街で 生きている〝私の日常〟…… 。 ここは戦場の最前線ではない。 住宅地の隣に巨大な米軍基地がある街でもないし 放射能の汚染水…

【貌花 KAOBANA#2】こんな感じで …。

個展開催まで一ヶ月を切り ようやくDMのデザインがまとまった。 今後一部の文字原稿の変更があるかもしれないので 厳密に言うと最終稿ではないが、 デザインはこういう感じで行くだろう。 同時に内外のポスターも このデザインを踏襲するつもり。

【貌花 KAOBANA #1】薔薇、バラ、ばら、BARA ……

咲いている姿は 誰が見ても どこから見ても 文句の付けようもないぐらい その〝美しさ〟は見事に完璧で 時が過ぎ たとえ枯れたとしても たとえ腐ったとしても 〝美〟と〝醜悪〟の狭間で 彼女は私の感性を魅了し挑発し 試そうとする。 個展の開催まで あと残…

【夏を駆ける#3】ヌゥーン 

札幌市西区 / Nishi-ku, Sapporo-shi, Hokkaido, JAPAN 光 と 影 … 。 写真家にとって 変わることのない永遠の〝 テーマ 〟であり、 対峙しなければならない〝 宿 命 〟でもある。 札幌市中央区南1条西6丁目 / South1, West6, Chuo-ku, Sapporo-shi, H…

【夏を駆ける#2】2020年東京オリンピック開会式

険しい道のりだった…。 日本の成功を阻もうとする 国外そして国内の ろくでもない勢力に屈することなく よくぞここまで辿り着いてくれた。 いらない〝 ゴミ 〟は全部捨ててしまえばいい。 そして正式に幕は上がった。 日本人どもよ…… あとはこの最初で最後の…

札幌交響楽団がドイツ・グラモフォンからCDを発売!

先週アップできれば良かったかもしれないが 7月7日は、なんの日?と聞かれて 〝 七夕まつり 〟………と、きっと普通は答える。 でも、今年に限ってはそうじゃなかった…。 〝 札幌交響楽団 〟が新しいCDを発売した日…だったのだ。 なぁ~んだ……と思うだろうが …

白川裕理 写真展 …… 2年ぶりに開催決定!

先日東京都が4度目の緊急事態を決定し、 沖縄も引き続き延長。 さらに残念な事に 東京など一都三県での五輪の無観客開催が決まりました。 これまでと同様、これからもコロナとの闘いが続く中で こちら北海道も事態の推移を見ながら 注意をして生活して行か…

【春麗 #8】ハルの災難

ふと窓の外に目をやると 黒い煙が立ち昇っているのが見える。 コリャ近いぞ…。 すぐさまTVのスイッチをつけた。 場外市場で火事だという…。 現場に着いたもののすでに終わりましたなんてコトにならないか…? 一瞬たじろいだ。 でも行くだけ行ってみよう…。 …

【憲法記念日特集】もはや戦後のままでは通用せず

まさにコロナ禍真っ只中の2020年9月27日の夜、 NYでその事件は発生した。 NY在住の日本人JAZZピアニスト 海野雅威氏が仕事場から帰宅中の午後7時半ごろ ハーレム135丁目地下鉄駅構内で 男女8人の黒人から言いがかりを付けられ暴行をうけた。 氏が逃げたと…

【春麗 #2】NYより札幌のスゴイところは…?

今回は前置きがとても長くなりそうだ。結論から先に始めることにしよう。 札幌市 / Sapporo-shi, Hokkaido, JAPAN 唐突だが札幌とニューヨークを比べてみた。北緯43度と40度で緯度が同じくらいで気候もなんと無く似ているところがある。街としての歴史も浅…

白川 裕理 Photo Exhibition 『 Arbour Day 』

ひじょうに個人的な話になるが、 本日、1月23日という日は私にとってちょっとした記念日である。 まさにちょうど20年前の今日、 人生で初めて個展を開催した日であった。 20年 か ・・・・・・・・・。 20年 だ よ・・・・・・・・。 20年 っ て…

〝 横綱の品格 〟とは…。

若い頃には分からなかった…とか、言葉にならなかったコトが、ようやくこの歳になって自分の中で言葉にできるまでになったコトがある。 もし〝 横綱の品格 〟とは?…と、問われたら 今の私には、ハッキリこう答える事ができる。 それは……〝 日本の美を体現す…

生誕250年

12月16日………今から250年前の今日、その男が生まれたと日とされている。 ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン。 不撓不屈の大芸術家である。 音楽家の命とも言える “聴覚” が衰えた中、 作品を作り続けたエピソードは有名。 そしてその死後も後世の芸術家に…

写真家 鬼海弘雄 氏が死去

昨晩のトランペッター近藤等則氏の死去のニュースにも驚いたが、個人的には今日の午後のこの一報にはさらに驚かされた。また素晴らしい才能がこの世を去ってしまったか。75歳…。NHKは巨人の岩隈投手が今季限りでの引退を表明…そんなもんはしっかり報道するく…

Z

この厄介なコロナ禍にあっても企業は活動を止めることは許されない。歩みを止めることはその企業の〝 死 〟を意味する。世界的に経済活動が鈍った時だからこそ企業は新しい価値や商品を消費者にアピールしないといけない…。 検査不正、販売低迷、ルノーとの…

奇跡の場所[ 夏の札幌 ]

先日アメリカ国立科学財団の新型太陽望遠鏡が捉えたという太陽の表面の詳細画像が報道されていた。今までこういう画像・映像含めた中で一番解像度の高いキレイなものだった。太陽は一見すると上空にただ単純に眩しく白く輝いているだけだが、実際あの表面で…

〝 人間 〟と向き合う[ 夏の札幌 ]

札幌市中央区北5条西3丁目 / North5, West3, Chuo-ku, Sapporo-shi, Hokkaido, JAPAN 札幌市中央区北1条西3丁目 / North1, West3, Chuo-ku, Sapporo-shi, Hokkaido, JAPAN 札幌市中央区北1条西3丁目 / North1, West3, Chuo-ku, Sapporo-shi, Hokkai…

〝 日 本 〟とは何か…。三島由紀夫の K O T O B A

3密を避け家にいる時間が長い生活となり、TVを見てても毎日毎日新コロの話ばかり嫌になって…司会もコメンテーターもよくアタマおかしくならないもんだなぁと思いつつ…となると自然とネットばかり眺める時間が多くなってしまう。 先日、以前NHKのEテレでやっ…

黒澤 明 の K O T O B A

日本映画界の巨匠、黒澤明の直弟子で映画監督の小泉堯史氏が、NHKのEテレの番組内において師匠が彼に語っていたという言葉を紹介していた。印象的だったので、ここに書き留めておくことにする。 巨匠はこんな言葉を彼に語っていたそうだ…。『 品 格 と 歴 史…

「貌花 KAOBANA」展 終了と展示内容について

15日の日曜日、展覧会も無事に無事故で終了。終わってみれば5日間なんてアッという間です。 ともかくまず初めに今回来場された方皆様に感謝します。ありがとうございました。私自身この令和元年という特別な時に開催できて本当に良かったと思います。 来て…

白川裕理 写真展「貌花 KAOBANA」12月11日 本日開幕

本日2019年(令和元年)12月11日水曜日午前10時から、札幌市民ギャラリーに於いて個展が始まった。此処に書き記し、記録として残しておくことにする。 自身の個展としてはちょうど1年ぶりで令和では初の開催となる。自分だけでやる場合、作品ができてもそれ…

時間よ止まれ……。個展開催まであと2週間

個展開催まであと2週間…「も」あるのか、「しか」ないのか。いつもの如く準備は「着々」とは進まず、まだ迷いながら制作中。作品はもちろん、会場の中と外用ポスターや掲示板などその他備品も作らないといけないのかよ。うちのやつができる訳じゃなし。自分…

8作品が未到着のカラヴァッジョ展

只今北海道立近代美術館ではカラヴァッジョ展が開催中である。西洋美術史の中で燦然と輝くイタリア美術においてダビンチ、ミケランジェロ、ラファエロなどと並ぶ偉大なるスター絵師の一人である。今、奇跡の天才と呼ばれるその男の晩年は殺人を犯したあげく…

サムライのラストメッセージ

私が映画館で最後に映画を観たのはいつだったろう…。もう10年以上前になるだろうか、写真家アンリ・カルティエ=ブレッソンのドキュメンタリーを観たのが最後だ。あれ以来わざわざあそこまで行って観たいと思わせる映画もなく、私にはたまにTVでやっているや…