The Art from Hokkaido by SHIRAKAWA Hiromichi

Japanese artist's gallery and diary

【貌花 KAOBANA#2】こんな感じで …。

 

f:id:art-hokkaido:20211123013150j:plain

 

 

個展開催まで一ヶ月を切り

 

ようやくDMのデザインがまとまった。

 

今後一部の文字原稿の変更があるかもしれないので

 

厳密に言うと最終稿ではないが、

 

デザインはこういう感じで行くだろう。

 

同時に内外のポスターも

 

このデザインを踏襲するつもり。

 

 

 

f:id:art-hokkaido:20190620102340j:plain

 



大谷翔平が〝MLB〟で今年の〝MVP〟を受賞

 

日本のマスコミは「おそらく決定的」だろうなどと語っていたが、

私個人としては…

日本国内でそういうふうに『ヤッタ、ヤッタ』と

決まる前から糠喜びすることは何だかヤメテほしいなと思っていた。

もし獲れなかった時、一番カッコ悪いパターンだからだ。

所詮あれは日本ではなく〝アメリカ〟での話だし、

既に他に色々な賞をもらっているから

それを選ばなかった時の言い訳にもできるだろう。

最後の最後で〝ハシゴ〟を外されることも

充分ありえるのではないかと思っていた。

 

 

f:id:art-hokkaido:20211120060758j:plain

 


が、しかし日本時間19日の朝、

嬉しいニュースが届いたらしい。

私の心配は杞憂だったようだ。

日本人としては2001年の〝 i c h i r o 〟以来史上二人目、

6年ぶりの〝満票〟での受賞だった。

アメリカでは二刀流としては〝ベーブルース〟以来らしいが

日本では〝宮本武蔵〟以来か(笑)。

日本のマスコミは二刀流繋がりで〝宮本武蔵〟の話題にはならない。

どうしてかね…。

 

でもああいう才能がよく日本で生まれたものだと思う。

これまで幾多の日本人選手が

MLBに挑戦してきた歴史を積み重ねてきたが

印象としてはここに来て一気に登りつめちゃったなという感じだ。

 

今回のニュースを聞くにつけ

やはり〝文化〟はまず〝人材〟ありきだなと痛感する。

サッカー界はどうだ。

経済界は…。

経営者は…。

政治家は…どうだ。

 

女性の人材は…。

男が創り上げた場所にしがみついて

権利ばかり叫んでてもダメだ。

女でももの凄い〝人材〟が出て来なくちゃダメだ。

世界が驚くような〝製品〟〝価値〟〝サービス〟なんでもいいから…。

〝カタチ〟にしないとね。

口先だけじゃいつまでたってもダメだろう。

 

ITは相変わらず〝小物〟ばかりだな。

松下幸之助〟や〝HONDA宗一郎〟みたいなのが

一切出て来ていない。

 

 

 

〝親〟が悪いのか

 

〝教育〟が悪いのか

 

〝社会〟が悪いのか。

 

 

 

 

【貌花 KAOBANA #1】薔薇、バラ、ばら、BARA ……

 

 

f:id:art-hokkaido:20190710013258j:plain

 

 

 

 

f:id:art-hokkaido:20190720132553j:plain

 

 

 

 

咲いている姿は

 

誰が見ても

 

どこから見ても

 

文句の付けようもないぐらい

 

その〝美しさ〟は見事に完璧で

 

時が過ぎ

 

たとえ枯れたとしても

 

たとえ腐ったとしても

 

〝美〟と〝醜悪〟の狭間で

 

彼女は私の感性を魅了し挑発し

 

試そうとする。

 

 

 

 

f:id:art-hokkaido:20211115004907j:plain

 

 

 

 


f:id:art-hokkaido:20210124000052j:plain

 

 

 

個展の開催まで

あと残りちょうど1ヶ月となった。

今準備に忙しい。

進んでいるようで進んでいないような…。

出口はまだ見えて来ない。

他の事に構ってはいられないが

そういう時に限って用事が出来たり

トラブルが起こったり……。

邪魔が入るからたまったもんじゃない。

 

 

 

 

衆議院選挙が証明した〝モノ〟

 

 

昨日、国民の審判が下された…。

 

 

 

マスコミが散々好き勝手に

 

与党を低く評価していたものの

 

結局〝フタ〟を開けてみれば

 

〝自民〟〝公明〟与党の〝絶対的安定多数〟の確保で締め括くられた。

 

〝国民〟は明確に〝与党〟を選択した。

 

 

 

今日、日経平均も上昇したってよ…。

 

 

 

 

 

f:id:art-hokkaido:20211101161005j:plain

 

 

 


とはいうものの公示前より

 

〝自民〟は議席を減らしてしまった。

 

でも

 

〝立民〟も議席を二桁も減らす。

 

そのかわり

 

〝維新〟に票が流れ大躍進…。

 

 

 

 

 

批判の受け皿として〝有権者〟が

 

もう〝立民〟には期待していないことを証明した。

 

なりふり構わず〝立民〟は〝共産〟と野党共闘を組み

 

今回の選挙を自ら〝政権選択〟の選挙だとブチ上げ意気込んでいたものの

 

結果としては墓穴を掘る格好となり(笑)

 

〝立民+共産〟政権が作り上げる〝社会〟を

 

〝国民〟から拒絶された。

 

(野党の見通しの甘さは小室並にアホだな)

 

 

 

 

 

〝国民〟もわかってるんだな。

 

彼らも案外〝バカ〟じゃない…ことも証明した。

 

 

 

 

 

〝立憲共産主義社会〟そんな世界クソ喰らえだ!

 

 

 

 

 

日本に〝共産主義〟はいらない。

 

 

 

 

 

【夏を駆ける#5 】“祭り” はいつか終りをつげる

 

世界中に疫病が蔓延しているというのに

人間は平気で〝戦争〟や〝クーデター〟

そして〝オリンピック〟さえもやってしまう…。

 

 

〝戦争〟の後には

無限の〝後悔〟や〝悲しみ〟を残すが

〝オリンピック〟の後には

人々にとって清々しい〝何か〟を必ず残してくれる…。

 

 

私はやるべきだと思いっていたし

やってよかったのではないかと思う。

 

 

 

f:id:art-hokkaido:20211028214240j:plain

札幌市中央区南4条西6丁目 / South4, West6, Chuo-ku, Sapporo-shi, Hokkaido, JAPAN

 

 

 

f:id:art-hokkaido:20211028214342j:plain

札幌市中央区南6条西8丁目 / South6, West8, Chuo-ku, Sapporo-shi, Hokkaido, JAPAN

 

 

 

f:id:art-hokkaido:20211028214503j:plain

札幌市中央区南1条西13丁目 / South1, West13, Chuo-ku, Sapporo-shi, Hokkaido, JAPAN

 

 

 

f:id:art-hokkaido:20211028214710j:plain

札幌市中央区南3条西12丁目 / South3, West12, Chuo-ku, Sapporo-shi, Hokkaido, JAPAN

 

 

 

f:id:art-hokkaido:20211028214756j:plain

札幌市中央区南2条西12丁目 / South2, West12, Chuo-ku, Sapporo-shi, Hokkaido, JAPAN

 

 

 

f:id:art-hokkaido:20211028214913j:plain

札幌市中央区南4条西12丁目 / South4, West12, Chuo-ku, Sapporo-shi, Hokkaido, JAPAN

 

 

 

f:id:art-hokkaido:20211028215209j:plain

札幌市中央区大通り西12丁目 / Odori, West12, Chuo-ku, Sapporo-shi, Hokkaido, JAPAN

 

 

 

f:id:art-hokkaido:20211028215323j:plain

札幌市中央区大通り西10丁目 / Odori, West10, Chuo-ku, Sapporo-shi, Hokkaido, JAPAN

 

 

 

f:id:art-hokkaido:20211028215448j:plain

札幌市中央区大通り西9丁目 / Odori, West9, Chuo-ku, Sapporo-shi, Hokkaido, JAPAN

 

 

 

f:id:art-hokkaido:20211028215555j:plain

札幌市中央区大通り西10丁目 / Odori, West10, Chuo-ku, Sapporo-shi, Hokkaido, JAPAN

 

 

 

f:id:art-hokkaido:20211028215615j:plain

札幌市中央区大通り西10丁目 / Odori, West10, Chuo-ku, Sapporo-shi, Hokkaido, JAPAN

 

 

 

f:id:art-hokkaido:20211028215659j:plain

札幌市中央区大通り西10丁目 / Odori, West10, Chuo-ku, Sapporo-shi, Hokkaido, JAPAN

 

 

 

f:id:art-hokkaido:20211028215721j:plain

札幌市中央区大通り西10丁目 / Odori, West10, Chuo-ku, Sapporo-shi, Hokkaido, JAPAN

 

 

 

f:id:art-hokkaido:20211028215742j:plain

札幌市中央区大通り西10丁目 / Odori, West10, Chuo-ku, Sapporo-shi, Hokkaido, JAPAN

 

 

 

f:id:art-hokkaido:20211028215801j:plain

札幌市中央区大通り西10丁目 / Odori, West10, Chuo-ku, Sapporo-shi, Hokkaido, JAPAN

 

 

 

f:id:art-hokkaido:20211028215820j:plain

札幌市中央区大通り西10丁目 / Odori, West10, Chuo-ku, Sapporo-shi, Hokkaido, JAPAN

 

 

 

東京パラリンピック最終日のマラソン中継。

 

〝札幌〟をディスった〝東京〟のマラソンコースというがどれ程のモノなのか

少々違った視点でこれを見ていた。

走り抜いた選手達には大きな敬意を払うが

正直、なんだこの程度か…という感じだった。

コース変更時のあの騒ぎは一体何だったのか。

レース中映し出されたランナー達の背景に関して

〝映え〟で言うと

〝札幌〟の方が格段にいい〝絵〟を提供してくれた。

〝曇り〟の天候の悪さも確かに影響したが

〝東京〟のコースは灰色のビルの谷間をずっと走っているだけだった。

カメラのアングルなど〝東京の街並み〟をうまく映し出すような工夫は見られなく

灰色の単調な景色の連続だった。

日曜日なんかによくやるマラソン中継レベルだった。

 

〝札幌〟は朝日が強く差し込む大通り公園をスタート。

中心部のビル街を周回した後

ススキノを通過し、視界がいっきに広がる。

豊平川を見下ろしながら大きな橋を渡る。

街周辺部の郊外の風景を過ぎれば

北大構内に吸い込まれるように入り

緑に溢れる北の学舎を走り抜けると

道庁赤レンガを横目に

再び大通り公園に戻る…。

 

街は眩しい光に包まれ、

陰影をつくり出し、

自然と人工物が織りなす色彩に溢れていた。

その中を選手達が一気に駆け抜ける…。

ある時は真夏の光に照らし出され

ある時は逆光のシルエットになって走る。

めくるめく景色に

画面はメリハリと変化があって見飽きるコトがなかった。

 

 

 

結果として中継を〝札幌〟に変更したことが

かえって日本で開催されたオリンピックのマラソン

鮮明に人々の記憶の中に残すことできた…。

と、信じよう。

 

 

 

ぅえ …………………… っ 。

 

普通であれば間違いなく〝稲葉〟で決まりだろう。

 

オリンピックで優勝したその采配を

私はファイターズでも見てみたかった…。

〝サムライ〟の人選もちょっと独特のものがあったし。

どんなチーム作りをするのか楽しみにしていた。

なのにだ…………。

新監督に〝新庄剛志〟が決まった〝らしい〟という報道がネットに出ている。

大丈夫なのか……。

正直  ガ  ッ  ク  リ きた。

あの歳になっても

時に垣間見るヒトより目立ってやろうという

彼の〝幼稚で安っぽいメンタル〟がチームに禍いしないだろうか。

彼は2006年、北海道移転後の〝日本一〟に貢献した

功労者であることには間違いないが、

引退後の彼の姿には一種の〝気持ち悪さ〟を感じる。

なんも〝カッコイイ〟とは思えないし

なんも羨ましくない。

いい歳こいた男のくせに

ツラ整形して日サロ行って歯白くするなんて

俺に言わせれば

若いフリして表面だけを繕う

薄っぺらくて気持ちの悪いバカだ。

そんな〝痛い〟ヤツがチームを統率できるわけがない。

いまさら〝SHINJO〟という時代でもないだろう…。

なんか〝薬物〟の問題とか報じられてなかったか?

ちゃんと身体検査したか?

事件にでもなって

北海道のツラに〝泥〟塗ったらタダじゃ済まないからな。

球団はこういうコトすると

道民に未だウケると〝ホンキ〟で思ってるのか?

ズレているとしか思えない。

道民だってそこまで〝バカ〟じゃない。

 

 

たまに球団の考えてるコトがわからない時がある。

〝レアード〟を簡単に放出したり

〝中田〟問題の処理の仕方といい、

明らかに実力の無い〝斎藤〟をいつまでも球団に留めておく……。

(彼の引退に俺は1ミリの感慨も感動もなかった。あんなの茶番だ)

実績の全く無いバカなヤツに監督やらせて、

結果を出して実績を残したヤツにデスクワークさせる。

球団社長の経営感覚って一体どうなってるんだ?

〝バカ〟なんじゃないか?

ただ客集めれば後はどうなってもいいのか?

球団経営って単純な商売なんだな。

 

 

経営陣が〝バカ〟だから優勝できないチームになった。

 

 

今ファイターズは2023年の開業を目指し

北海道の〝北広島〟に新しいホーム球場を建設中している。

普段〝パ・リーグ〟の野球に関心のない、

パ・リーグ〟について何も知らない、

セ・リーグの各球団のファンが〝アレ〟を見たら

驚くと共に自らのチームの環境レベルの低さに

劣等感を覚えるに違いない。

パ・リーグ〟はプレー内容だけでなく

その〝野球文化〟の面でもセ・リーグを凌ぐ日がやって来るのである。

そんな素晴らしいホーム球場で

優勝するに相応しいチームのリーダーこそ

稲葉篤紀〟だと私は確信していた…………のに。

あんな素晴らしい〝人材〟なかなかいるもんじゃない。

それだけに非常に勿体無い。

 

 

f:id:art-hokkaido:20211025234036j:plain



 

かつてヒーローインタビューで

こんなことを宣言したファイターズの選手がいた…。

 

〝これからは、パ・リーグです……  〟

 

くしくもその選手こそ〝新庄剛志〟その人だったのだ。

あの〝コトバ〟はひじょうに力強く印象的なモノだった。

その型破りなプレーと言動を別にしても

時代はその宣言通りに変化しているのは確かだ。

 

 

しかし……

〝監督〟と〝選手〟とでは

やるべき〝コト〟の次元が違う。

ヤツには〝監督〟としての

明確な〝戦略〟や〝メンタリティー〟などない。

どう〝人〟を育てようとか

どう〝地域貢献〟するだとか

そんなもん一切ない。

〝野球〟はアイツにとって

自分を〝魅せ〟ながらオナニーするだけの場でしかない。

今は〝奇〟をてらう必要なんかない。

〝栗山〟をGMにして

〝稲葉〟を監督にするべきだ。

〝稲葉〟という素晴らしい人材を

いつの間にか〝巨人〟にでも獲られかねない。

 

 

一抹の不安と諦めを担いつつ新生ファイターズが誕生してしまう…のか。

 

 

俺たちファンは黙って見護るしか無いのか…。

 

 

いや、

 

 

ツイートさせてもらう。

 

 

もう黙っちゃいられないんだよ。

今後数年間はファイターズにとって大事な時期になる。

なのにあんな〝バカ〟に監督やらせるのは

ファイターズにとっての〝 悲 劇 〟である。

 

 

【五輪後記#3】〝東京五輪〟とは何だったのか

 

 

人は人生の最後に

 

昔見た〝 いい夢 〟を

 

もう一度目にしたいと思うものなのか…。

 

 

 

f:id:art-hokkaido:20211017041047j:plain

札幌市中央区大通り西10丁目 / Odori , West10, Chuo-ku, Sapporo-shi, Hokkaido, JAPAN

 



1964年の当時

青年であり少年少女だった人達が見た

きっと鮮烈で衝撃的だったであろう、

あの〝変貌する街の光景〟や〝 熱狂 〟そして

数々の〝 夢 〟の記憶…。

 

 

 

f:id:art-hokkaido:20211017123934j:plain

札幌市中央区大通り西10丁目 / Odori , West10, Chuo-ku, Sapporo-shi, Hokkaido, JAPAN



 

それから五十数年の月日が経ち

大人になった彼らが

日本の社会を担い

〝令和〟の新時代になった今

ある者は亡くなり

ある者はその舞台の中心から退く時が来た。

(コロナもその背中を押した一因なのか?)

その世代の人達が

人生の最期の成果として

あの鮮烈な記憶を今度は自分たちの手で

作り出し遺そうとした…。

それが今回の〝東京五輪〟だったのか?

 

 

 

f:id:art-hokkaido:20211017124050j:plain

札幌市中央区大通り西4丁目 / Odori , West4, Chuo-ku, Sapporo-shi, Hokkaido, JAPAN

 

f:id:art-hokkaido:20211017124159j:plain

札幌市中央区大通り西4丁目 / Odori , West4, Chuo-ku, Sapporo-shi, Hokkaido, JAPAN

 

f:id:art-hokkaido:20211017124222j:plain

札幌市中央区大通り西4丁目 / Odori , West4, Chuo-ku, Sapporo-shi, Hokkaido, JAPAN

 




ふと頭の中をよぎる。

〝令和〟

〝コロナ〟

〝オリンピック〟

〝100代目のリーダー〟

〝選挙〟

これは単なる偶然の連続なのであろうが

〝ふと〟偶然の巡り合わせとは思えなくなる時もある。

 

変わり目。

 

節目。

 

区切り。

 

まるで何者かの〝見えざる手〟によって

動かされているような……

そんな感覚をおぼえる。

 

 

 

f:id:art-hokkaido:20211017124325j:plain

札幌市中央区大通り西10丁目 / Odori , West10, Chuo-ku, Sapporo-shi, Hokkaido, JAPAN

 

 



時代とは、このように移り変わって行くものなのか…。

 

 

 

 

f:id:art-hokkaido:20211017124352j:plain

札幌市中央区大通り西10丁目 / Odori , West10, Chuo-ku, Sapporo-shi, Hokkaido, JAPAN