The Art from Hokkaido by SHIRAKAWA Hiromichi

Japanese artist's gallery and diary

公明党 山口代表の愚かな言葉

ネットで産経新聞による、こういう報道があった。

 7日の政府与野党連絡会議で公明党の山口代表がこう発言した。

〝 …自民党内で習近平国家主席国賓来日の中止を求める意見が出ていることに対し…「歴史的、大局的な観点で(来日を)推進していくべきだ」と述べた 〟さらに、山口代表は〝 国賓来日は「(日中の)首脳の往来を重ねて関係を強化していこうという流れの一環だ…」 〟と指摘。〝 「来日が実現できるような環境を両国ともに努力し、前進を図るべきだ」 〟傍らには二階氏の姿がある…………やっぱりな。

 さすが山口代表。こういう時だからこそ敢えて…という、平和的に外交を推進しようとする公明党らしい誠実で立派で大人な意見だと思う。

でもね………………最高に〝 愚か 〟だよ。

 山口代表の言いたい事はわかる。わかるよ。……でもね、私から見れば結局代表はそういう言葉を勝手に自分自身で良いと思い込んで納得してるだけ。アイツらは日本の平和への思いなんて理解できない。日本人(東の蛮族)の忠告やアドバイスなんて聞くわけない。日中友好と握手をしながら空母で領海侵入したりハッキングだってやる連中だ。約30年前の天安門事件後にも日本は同じ事を考え、同じ事(来日の推進)をやった。あれから30年…どうだ…結果こんなザマじゃないか。また日本は愚かな歴史を繰り返すというのか。

 それに確か山口代表は弁護士出身の方だ。南沙・西沙諸島の不法占拠や尖閣が絡んだ日本の領海への進入と一帯一路と名乗る歪んだ覇権主義行動に加え、先日施行された香港国家安全維持法による自由な言論への締め付け、当局の令状無き家宅捜索と逮捕、現在進行中のウイグル自治区でのイスラムの人達への弾圧と強制的民族浄化などもっと挙げればきりなくあるが、代表は中国の人権問題についてどう考えるのか。今まさにこうしている間にも沢山苦しめられている人達がいるのに目を瞑っていろというのか…あんた弁護士だろ!
 歴史的、大局的な観点でという御立派な大義のもと日本が自国だけの国益や経済・外交を追求し、中国に甘い顔をすればやがてそれは世界中に広まり、テドロスのように何をやるにも世界各国が中国の糞メンツと顔色を伺ってモノゴトを決めるようになる。それは中国の思うツボだ。やがてそれは必ず中国の覇権の完成に繋がっていくだろう。冗談じゃないよ。そんな糞みたいな世界なんてゴメンだ。
 人間には経済や外交なんかよりもっともっと大事なものがある。公明党がそれを分からないようじゃ駄目だろ!
 

ここで改めて言わせてもらう…。

私は中国(侵略者)の国賓としての来日に断固反対する!

現状のままでは日本の天皇陛下に会うには不適格な連中だ。日本から手を差し伸ばす必要はない。身を清めてから日本に来いと言いたい。

 何故一般の日本人でもこのように中国を非難するのか、何故コロナ禍の中世界から非難されたり差別されたり暴力を振るわれたりするのか、その〝 何故 〟を中国によく考えさせないといけない。だから今日本が焦ってタガを緩める必要はないのだ。


 
 
 

SAPPORO LIVES MATTER[ 夏の札幌 ]

f:id:art-hokkaido:20200704233449j:plain

札幌市中央区 / Chuo-ku, Sapporo-shi, Hokkaido, JAPAN

 

 

f:id:art-hokkaido:20200704233513j:plain

札幌市中央区 / Chuo-ku, Sapporo-shi, Hokkaido, JAPAN

 

 

f:id:art-hokkaido:20200704233546j:plain

札幌市中央区 / Chuo-ku, Sapporo-shi, Hokkaido, JAPAN

 

 

f:id:art-hokkaido:20200704233608j:plain

札幌市中央区 / Chuo-ku, Sapporo-shi, Hokkaido, JAPAN

 

 

f:id:art-hokkaido:20200704233635j:plain

札幌市中央区 / Chuo-ku, Sapporo-shi, Hokkaido, JAPAN

 

 

f:id:art-hokkaido:20200704233700j:plain

札幌市中央区 / Chuo-ku, Sapporo-shi, Hokkaido, JAPAN

 

 

f:id:art-hokkaido:20200704233727j:plain

札幌市中央区 / Chuo-ku, Sapporo-shi, Hokkaido, JAPAN

 

 

 

Like the flow of a river[6月の札幌 ]

f:id:art-hokkaido:20200629230600j:plain

札幌市中央区 / Chuo-ku, Sapporo-shi, Hokkaido, JAPAN

 

 


それはあたかも

 

  

 

f:id:art-hokkaido:20200629230639j:plain

札幌市中央区 / Chuo-ku, Sapporo-shi, Hokkaido, JAPAN

 

 

川の流れのように

 

 

 

f:id:art-hokkaido:20200629230712j:plain

札幌市中央区 / Chuo-ku, Sapporo-shi, Hokkaido, JAPAN

 

 


止まらず過ぎゆく流れの中で

 

 

 

f:id:art-hokkaido:20200629230751j:plain

札幌市中央区 / Chuo-ku, Sapporo-shi, Hokkaido, JAPAN

 

 


皆それぞれが

 

 

 

f:id:art-hokkaido:20200629230816j:plain

札幌市中央区 / Chuo-ku, Sapporo-shi, Hokkaido, JAPAN

 

 


いつもとは違う日々へ。

 

 

 

f:id:art-hokkaido:20200629230844j:plain

札幌市中央区 / Chuo-ku, Sapporo-shi, Hokkaido, JAPAN

 

 


けっして戻ることのない日常へ…。

 

 

 

f:id:art-hokkaido:20200629230908j:plain

札幌市中央区 / Chuo-ku, Sapporo-shi, Hokkaido, JAPAN

 

 

f:id:art-hokkaido:20200629230951j:plain

札幌市中央区 / Chuo-ku, Sapporo-shi, Hokkaido, JAPAN

  

 

f:id:art-hokkaido:20200629231025j:plain

札幌市中央区 / Chuo-ku, Sapporo-shi, Hokkaido, JAPAN

 

 

 

 

そして街は夏へ向かう。

 

 

 

 



★おことわり
 今日で6月も終わります。今月は[6月の札幌 ]というテーマで初夏の札幌の人や風景のスナップ作品を公開してきました。7月と8月の二ヶ月間は[ 夏の札幌 ]というテーマで引き続き札幌のスナップ作品を展示公開します。お楽しみに。

 

 

 

でも…名前がよくない。

 ロケットは上空から落下し海に倒れるように墜落した。そのかわり白い水しぶきが高く舞い上がっていた。
 先日テレビ画面を見ていた私は正直、何度目だ…また失敗かよ…いや、そんな事を言ってはいけない。……ロケットを飛ばすのがいかに難しい事なのかを思い知る。それにしても民間といえどもアメリカとは雲泥の差だ。確か彼らは先日も宇宙飛行士を乗せて打ち上げ国際宇宙ステーションにドッキングしたという実用的なレベルに成功した。しかし日本ではまだ細くてちっちゃなロケット花火みたいのが飛べるか飛べないかの実験をしている不安定なレベル。アメリカのレベルに到達しないまでも産業として運用できるまでどのくらいの時間がかかるのだろうか。アメリカでは今回のスペースX社以外にも参入を検討している企業がありドンドンこの分野の動きが大きく拡がる可能性を感じるが、今現在この日本で民間のロケット開発で実際に動き始めているのは、北海道の企業インターステラテクノロジズ株式会社、彼らのみ。みんな失敗のリスクと可能性の低さに怯えているのか、活性化できない日本の企業文化の中で規模は小さくても彼らの存在は貴重だ。

 それに比べこの10年・20年もの間、日本の大企業達は何をやっていたのだろうか。日本は技術があると言われながら白物家電やテレビ、携帯電話は世界の競争に敗れ、パソコンはブランド力に乏しい。作る力はあってもいつの間に世の中GAFAや他に儲けをさらわれたイメージがある。例えば他にも次世代通信技術5Gの開発において出てくるのは中国の企業の名前ばかりで日本企業の存在感が全く無い。一体どこに目をつけていたのか。研究・開発には金を回さず、リストラや合理化ばかりを推進して、しこたま内部留保を増やしていただけなのだろうか。ITに関しては出遅れた感のある日本だが20年もの時間があったのにいつまでもトップに顔を出せないのは何故か。この20年日本社会の中でIT、ITともてはやされたわりにいつまで経ってもロクな人材が出てこない。世界に通用する人物がいないのは情けない。日本のITって20年やってこんなもんなのか。事業に成功した所謂〝 IT社長 〟という小金持ちは増やしても世界に通用する革新的な奴がいない。聞いた事がない。結局日本のITって目クソ鼻クソみたいな連中ばかりだな。

 それだけに宇宙産業という競争相手がまだそれほど多くはない高技術分野への開拓は、日本の将来に必須だ。日本がこれから生き残るために残された道の一つだろう。素人考えだが例えばインターステラにJAXANASAを退職した技術者とかをアドバイザーに迎い入れる事はできないのか。北海道の悲観的な将来を考える時、工業やハイテク産業が不毛のこの地で民間から挑戦する若い志には私も素直に応援したい。日本のIT分野の連中の様にはならず、なんとか成功して欲しい。…と思う一方でいつも気になるのが〝 momo 〟っていうロケットの名前がなんか気持ち悪い。上空百キロメートルまで飛ばす目標を意味しているらしいのだが。オカマバーかキャバクラのホステス、真夜中にやってるアニメのキャラのようで、どうも飛んで行きそうな感じがしないのは私だけか?

 

 

Portraits on the street. [6月の札幌 ]

f:id:art-hokkaido:20200623234520j:plain

札幌市中央区 / Chuo-ku, Sapporo-shi, Hokkaido, JAPAN

 

 

そ の 姿 …  。

 

 

 

f:id:art-hokkaido:20200623234640j:plain

札幌市中央区 / Chuo-ku, Sapporo-shi, Hokkaido, JAPAN

 


 

表   情 …  。

 

 

 

f:id:art-hokkaido:20200623234730j:plain

札幌市中央区 / Chuo-ku, Sapporo-shi, Hokkaido, JAPAN

 


 

仕   草  … 。 

 

 

 

f:id:art-hokkaido:20200623234751j:plain

札幌市中央区 / Chuo-ku, Sapporo-shi, Hokkaido, JAPAN


 

 

服   装  … 。

 

 

 

f:id:art-hokkaido:20200623234818j:plain

札幌市中央区 / Chuo-ku, Sapporo-shi, Hokkaido, JAPAN

 


 

パ ー ソ ナ リ テ ィ … 。

 

 

 

f:id:art-hokkaido:20200623234840j:plain

札幌市中央区 / Chuo-ku, Sapporo-shi, Hokkaido, JAPAN

 

 

す れ 違 う 日 常 と 人 生  。

 

 

 

f:id:art-hokkaido:20200623234900j:plain

札幌市中央区 / Chuo-ku, Sapporo-shi, Hokkaido, JAPAN

 

 

 

 

2020年、中国は人類史上に巨大な汚点を残す


なんで奴らは普通にじっとして居られないのだろうか。

20日、日本の奄美大島(鹿児島県)沖の接続水域を中国の潜水艦が潜航、通過したという。 
こんな一大事だというのに…奴らの馬鹿な野心は止まる事を知らない。
そんな国家を誰が尊敬するというのだろうか。
どうして友好的になれるというのか。

現代に生きていながらアイツらの頭の中やメンタルは原始人と同レベルだ。
大きい事、沢山ある事に価値があり、ケンカの強い奴(軍事力・核)を畏れ、金や権威を持っている奴に擦り寄り、ひれ伏す。至ってシンプルでわかりやすい。
(つい先日も中国とインドの国境付近で両者が武力衝突した。両国に死者が出たらしいが両者とも意外と冷静に対応している。中国もヒステリー気味にナショナリズムを掲げ馬鹿騒ぎする事がない。それは何故か………それはインドも核を持っているからだ。もし尖閣で中国と日本が衝突するような事が起こればどうなっているか……必ず日本側のせいにして徹底的に攻撃を仕掛け、尖閣を取りにくるだろう。)

アナタも分かっただろう、残念ながらそれが今の〝 中国 〟という国家だ。

言葉で説得してもわからない。相当痛い目に合わないと奴らには理解できない。

今北京で感染が拡がり始め第二波が来たというが、
こうなったら上海も深圳も内陸部も、中国全土に蔓延して経済も軍事も政治も食料も壊滅的に混乱状況まで到って欲しいと私は願う。

いったい世界中で何人もの人が亡くなったというのだろう。
(累計で今現在世界で45万人を超えているがロシアやブラジル、中国の武漢から発表されている死者数は正確な数字じゃない。奴らは皆嘘をついている。)
中国が出した〝 新型コロナ白書 〟では自分達の対応を自画自賛している。
しかし見通しの甘さ 危機感の無さのせいで感染は野放しにされ、
そのヤバさに気がついた時、奴らの伝統芸である糞メンツのおかげで情報が出されるまで時間が掛かった。
中国当局SARSを経験したんだから、
2019年の年末もしくは1月のアタマには自国民に海外への渡航旧正月の移動を禁止する勇気ある決断をし、世界に情報を出すべきだった。
外出制限・海外渡航禁止されるまでの間、感染者は国内外へ移動し菌を撒き散らした。今もなお拡がり死者は増え続けている。