The Art from Hokkaido by SHIRAKAWA Hiromichi

Japanese artist's gallery and diary

東大卒には分かるまい

 

お前にエンタメなんか分かるわけねぇだろ(NHKのホームページより)

 

 

この人、東京大学 経済学部出身だそうだ。

やはり、そうか。

 

 

〝 エンターテイメントなクルマ 〟と謳いながら

 

あの地味で線香臭い色使い

 

のっぺらぼうで無表情なキャラクター性の無いカタチ

 

超高級車を目指すのか一般に普及させたいのか

 

今一つハッキリしない方向性。

 

それが全てあの〝 デザイン 〟から滲み出ている。

 

あのクルマ死んでも自分で欲しいと思っているのだろうか?

 

思ってねぇだろうな…。

 

仮に中身はよく出来ていたとしても

 

クルマとしての〝 魅力 〟〝 面白さ 〟は全くない。

 

2024年型のGT-RやCIVIC TypeRのGTコンセプトを見た時の

 

あの〝 おっ 〟と思わせるようなドキドキワクワク感はない。

 

 

NHKのホームページより

 

 

例えば彼ら(東大卒)は〝 ガンダム 〟を知っていても

 

ガンダム 〟を一度も見たことはない筈だ。

 

我々が〝 ガンダム 〟を夢中で見ていた時

 

彼らは〝 参考書 〟や〝 単語帳 〟〝 問題集 〟と睨めっこだ。

 

今をときめく〝 マンガ 〟や〝 アニメ 〟〝 ゲーム 〟など低俗で無用なモノだと

 

そういう〝 モノ 〟を一番見下し

 

そういう〝 モノ 〟を見ない事を〝 美徳 〟としてきた人間達なのに

 

今や〝 アニメ 〟だ〝 ゲーム 〟だと宣伝文句に使い

 

世の中にアピールしている姿に違和感を覚えてしまうのは私だけか?

(ゲーム、ゲームと言ってれば日本人みんな喜ぶと思っているらしい)

 

純粋な幼児期、多感な10代に

 

習い事や勉強漬けの日々をおくったような人間達だから

 

優秀な官僚や銀行員、商社の駐在員にはなれるかもしれないが

 

〝 クリエイティブ 〟な人間には絶対なれないだろう。

 

AIが何だとかアバターが何だとか

 

お堅い知識や理論・概念ばかりで彼ら(東大卒)には〝 文化 〟がない。

 

今本当に何が〝 面白いモノ 〟なのか知らないし理解できないわけだから

 

〝 エンターテイメントなクルマ 〟など創れるわけがない。

(だって遊んだことないんだから…)

 

あのクルマ見ながら聞いていて呆れてしまう。

 

(これらはあくまで個人的見解です。)

 

 

NHKのホームページより