The Art from Hokkaido by SHIRAKAWA Hiromichi

Japanese artist's gallery and diary

日本のTOYOTAが〝 ル・マン 〟で〝 5連覇 〟を達成!



 

S U G O

 

先週6月12日にフランスで開催された

〝 第90回ル・マン24時間レース 〟の決勝レースで

日本の〝 TOYOTA 〟がまた勝利を掻っ攫った。

終始完璧なレース運びで

TOYOTAのGR010 HYBRIDの2台が1-2FINISHを決め

見事に2018年の初優勝から続く〝5連覇〟を成し遂げた。

 

 

 

Toyota Alphard & Velfire / TOMICA



昨年〝 4連覇 〟を果たし

さすがに今年はどうかなとは思っていたが

それは杞憂だった……。

これはAUDIの2004~2008年と

2010~2014年の〝5連覇〟に続く大記録なのである。

 

 

 

Toyota Velfire / TOMICA

 

 

◆日本のメディアでの扱い

しかし翌朝のNHKのニュースでは全く取り上げられなかった。

やれ大谷が打ったとか、ノーベル賞や映画祭の受賞とかいう話は

誇らしく取り上げるクセにどうして報道されないのか。

いつもモータースポーツはエンタメより扱いが低い。

単なる〝 企業活動 〟ぐらいにしか捉えていないのだろうか。

火曜日も〝 根尾が投手に専念 〟そんなコトはしっかり報道する。

ニュースに取り上げる基準がとてもアンバランスで不可解だ。

〝 根尾 〟よりも〝 ル・マン5連覇 〟を報道することの方が

日本人や日本の社会にとって遥かに意味や意義があることなのに。

朝からいつまで経っても〝 うだつ 〟の上がらない野球選手を取り上げて

なんの意味がある……時間の無駄だしかえって気の毒だ。

世界で頑張ってる人達の方をなんで報道してやらないんだ…。

 

その代わりNHKでは今の急激な円安の原因の一つが

〝 日本の成長して行く力…良い製品を作っていく力が弱いという印象を

世界に与えている… 〟などという

経済同友会の櫻田代表幹事の言葉の方をTVやネットで垂れ流しまくる。

他にもOECD加盟国中日本は労働生産性が低いとか

所得が増えていないとか…よくもまぁ次から次と

日本中を不安で自虐的でネガティブに塗ったくろうとする。

オマエ達自身だろう、世の中にそういうイメージばかり垂れ流しているのは。

メディアはそういう自覚がないのか?

じゃ〝 ル・マン5連覇 〟をどう説明するんだ。

 

自動車レースは〝 カネ道楽 〟や〝 安易な企業アピール 〟の場ではない。

それだけで表彰台の一番上には絶対に上がれない。

歴史と伝統のある国際レースでは尚のことだ。

そこには〝 経験 〟と高度な〝 技術力+人間力 〟が問われる。

じゃぁ今の韓国人や中国人、香港人、台湾人、インド人、ロシア人、シンガポール人に

これがマネできるか…?

絶対できない…1000年経っても奴らにはできない。

 

 

◆ロシアはただの〝 民主主義 〟の落ちこぼれ

 日本は戦後の数十年間、欧米諸国のつくったルールや秩序の枠の中で謙虚に学び、時には頭を下げ、自ら模索しながら懸命に失敗や努力を積み重ねてきた。〝 ル・マン5連覇 〟はその中のほんの一つの成果とも言える。日本のモータースポーツ自動車産業が世界の中でこれだけの地位を築いて来たその裏には大変な苦労があったのは想像に難く無い。ロシア人はソ連崩壊後全くそういう努力をしてこなかった。まったく…。〝 民主化 〟すれば自分達はEUのようになれる…。〝 民主化 〟を単なる魔法の呪文と勘違いした。しかし当然ながら生活は向上しない。当たり前だ。全く努力しないんだから。自ら〝 努力 〟や〝 工夫 〟するというのを知らない。腹がへれば家畜のように〝 国家 〟から〝 エサ 〟もらって生きて来ただけの奴らだから。オマケに奴らはくだらない〝 メンツ 〟だけは持っている。〝 ロシア民族は世界で一番優れた民族 〟という根拠のない〝 メンツ 〟。人に頭を下げることが〝 イヤ 〟だから誰からも学ぶことができない。学ぼうとしない。あんなハンバーガーごとき食いモノ一つ自分達だけの手で作り出し、販売し、デザイン・宣伝することもできない。アイツらが一見、現代人のように暮らして見えるのは全て〝 外資 〟のおかげである。

 欧米諸国のつくったルールや秩序の中での競争に〝 成功 〟できないので(いつも安保理で西側の意見に反対ばかりするのはそのジレンマ的行為)、彼らとは違うもう一つ別の〝 世界 〟を作るのを思いついた。〝 金 カネ 〟や時に〝 暴力 〟を使い仲間を増やして中国を利用しながら自分がその一番上に君臨しようとする。しかし〝 人類 〟のレベルで見た時、そんな〝 世界 〟でつくられたモノなど我々のモノに比べれば〝 ゴミ 〟同然であり、所詮〝 人類 〟に貢献したり〝 人 〟を幸福にすることなど何一つ出来ないだろう。

な、ロシア人よ…ズボしだろ?

 

 

Toyota Alphard / TOMICA